勉強のお話

週に1回、主人が塾もしています。(主人は元々塾をしています)

2年生は九九を習い始めています。

まだ、二の段と五の段しか習っていない子どもたちに、

8×8は?

と聞いたら、

子どもたち、少し時間がかかって、64!と答えてくれました。

どうやって分かったん?

二の段と五の段しか知らない子どもたち、

2×8 と 5×8 と 8 を足した。

とのこと。

ちゃんと掛け算を「理解」してくれているんですね~!

 

「やり方」は教えないで、「考える力」をつけられるように丁寧に丁寧に教える主人の授業。

私もこんな先生に習いたかったと思います。

 

主人は「正しい理解と知識を持てば、1の知識が100にもなることを伝えたい」と、昨夜熱く語っていました(^^;;

天職ってこーゆーの言うんやなーと、

しみじみ、この塾と学童保育のお仕事をさせていただけて、ありがたいな~と思った夜でした(^^)

ともこ

 


Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.