えんぴつの持ち方

鉛筆の持ち方がおかしいと、手が疲れやすくなります。

その実結構重要で、小学校の学童で

「宿題がしんどいからやりたくない~っ!!」

と言っていた子ども達の多くが、おかしな持ち方をしていたり、指の配置はおかしくないものの、変に力の入った持ち方をしていました。

 

やっぱりどうしても、変な持ち方のまま定着してしまっているお子さんも出て来そうな気配なので

試しに、治具を買ってみることにしました。

とりあえず試しに5個ほど買って、4月に先行して通い始めてくれている子ども達に使ってもらってみます。

「人差し指と、中指と、親指が3点で鉛筆を支えていて、無駄な力が入らず、ペン先をグリグリ動かせる」

そんな風に持てるようになってきたら、買い足そう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です