子どもたちを取り巻く有害化学物質を少しでも減らしたい

今夜はzoomの講座で、
洗剤など日用品の成分について
学ばせていただきました。

Zoom、初心者ですが、便利な時代ですねー^^;

化学物質、どれがどう悪いのか
少し分かったので、
自宅や学童で使う洗剤や、
今、毎日ハンドソープでの手洗い徹底してますので、
学童のハンドソープなど、
見直そうと思います(^^)

私は元々、実家の母が自然派思考だし、
自分も敏感体質なので、
日用品、気をつけている方ですが、
それでも今日また新たに勉強になりました(^^)

講座で教わった内容、
SNSでシェアさせていただいていいのか
主催者さんに確認とれたら、
SNSや学童の保護者さんにも、
シェアしたいなと思います。

私自身、肌が弱かったり、すぐ体に出やすい体質だし、
学童の子どもたちの中にも、
アトピー体質や、色々な症状で体に出やすい体質の子がいるので、

やっぱり気をつけたいし、
今は何も症状がなくても、
有害化学物質は体内に蓄積されるそうなので、
今日学んだことをシェアしたいです。

環境にもいい方が良いし☆

また承諾得られたら、詳しくお伝えしまーす(^^)ともこ

藤井寺子ども子育て連絡会

コロナの期間中、子どもたちがメッセージを書いて、それを手作りマスクに添えて、
社協さんに来られる市民さんにプレゼントする、という活動を社協さんご協力のもと、
させていただいていました。

今月号の“ ふじいでら社協だより“ に、
取り上げてくださっていました(^^)

子どもたちのメッセージでほっこりしていただけたかな(^^)

それから、緊急事態宣言の間、
開所を続けていた藤井寺市内の、
民間学童保育施設3軒に対して、
3週間程の間、
デリバリーのお弁当を助成していただきました。

市内で頑張っておられるあちこちの飲食店さんから、子どもたち用のお弁当を購入させていただきました。
お世話になった、飲食店さま、美味しいお弁当ありがとうございました!!

保護者さん方も大変喜ばれていました。

社協さん、いつもありがとうございます!!

コロナも落ち着いてきたので、
藤井寺の子育て環境がよりよくなるよう、
少しづつ動き出そうとしています(^^)ともこ

ロンロンロンロン(小川のせせらぎ)

いつもお世話になっている、デモクラティックスクールASOBIVA!さんに、初めて夫とお邪魔させていただきました(^^)

学校へ行っていないお子さんなどの居場所であり、主体性を持って学ぶ場です。

ASOVIVA!さんの古民家に到着した瞬間、
前触れもなく突然、涙が溢れてきました。
言葉では表せない圧倒的に純粋なエネルギーに、立ちすくんでしまった。

近くから聞こえてくる小川のせせらぎや、山が見渡せる絶景も最高でした。

運営のかおりんや、ちあちゃんと接していると、
想いと、言葉と、振る舞いが全て
真っ直ぐに一致していて、
大好きだと感じました。

子どもたちにとって、
どんな保育、どんな学びが
正しいのか、なんて答えはないかもしれない。

でもこうやって、
人生を楽しんで、心から笑っている大人が居る場所で、子どもたちを育んでいたいな、

ASOVIVA!さんもふぉれすときっずも、
そこが共鳴するんだろうな、
と思いました。

次は息子たちやふぉれすときっずの子どもたちと来させていただきたいな(´ω`)ともこ

心配じゃなくて、信頼と応援をしたい

「やりたい!」と思える気持ちさえあれば、
生きられるんじゃないだろうかと思う。

ふぉれすときっずで、最も大切にしていることのひとつ。子どもたちがやりたい!を叶えられる場所であること。

今、子どもたちを取り巻く環境は、
コロナの感染予防のため、毎日マスクをつけて、長期間の休み明けに突然の詰め込み授業、通常より多めの時間割、土曜日も時々登校。

藤井寺の小学校では、
子どもたちに負担の少ないよう配慮してくださって、
時間割も少しだけ増えたぐらいで、
授業内容も、負担にならないよう工夫してくださっています。

でもやはり子どもたちは少なからず負荷がかかっている。みんな本当によく頑張ってる。

小さい体で、けなげに学校、宿題、習い事、頑張ってる姿にホントに尊敬です。

でも私は長年生きてる中で、
経験したことがある。
頑張りすぎて、ゆっくり自分が死んでいった。
やりたい!がなくなって、何にも感動出来ない自分になったことが。

子どもたちは、柔軟性がある。
その力を信じてる。

だけど過信しちゃいけない、
今、子どもたちが、置かれている過酷ともいえる状況。

今、ふぉれすときっずでは
毎日の放課後の保育で、
より一層、子どもたちのやりたい!を大切にしている。
当然、何もやりたくない!もOK。
(宿題だけはあの手この手でやる気出してもらうよう仕向けちゃうけど^^;)

放課後なので時間は限られてるんだけど、
一瞬でも多く、子どもたちの心が弾む瞬間、
目が輝く瞬間が増えるように。
夜、眠る時に、今日自分が生きた感じがするように。(ともこ)